【FFオリジン】初心者向けのおすすめジョブ5選

初心者向けのジョブについて

初心者向けのおすすめジョブ5選【FFオリジン】

こちらのページでは、FFオリジンを始めたばかりの方や、これから本編の攻略を目指す方に向けたおすすめのジョブを紹介しています。

一般のゲームよりも難易度は高めに設定されているため、火力を重視したジョブよりも、安定して最後までクリアできるものを抜粋させて頂いています。装備のレベルや立ち回りによっても変動しますので、ジョブに悩んだ際の参考程度にご覧ください。

※本作はジョブレベルを比較的上げやすいので、レベル30を想定したかたちで記載しています。

初心者向けのおすすめジョブ5選

剣士

おすすめジョブ1「剣士」

  • 最初から使える
  • 最も扱いやすい武器種
  • インターセプションの安定性が優秀
  • 被ダメ減少やポーション回復量増加などの効果あり

最序盤で使うことになるジョブの剣士ですが、決して弱いということはなく、むしろ最後まで安定して戦えるので非常におすすめです。

アビリティである「インターセプション」の基本効果は、被弾した際に自動でカウンターをしてくれるというものですが、ジョブツリーにあるマスタリーを解放すると、ソウルシールドを成功させた際も効果を切らさずにカウンターができるという性能もあります。

このソウルシールドは、本作において非常に重要な要素であり、成功させられるか否かで大きく難易度が変わっていきます。その練習をしながら保険をかけ、さらにダメージを与えられるのはこの剣士のインターセプションだけです。

槍士

おすすめジョブ2「槍士」

  • 序盤から使える
  • リーチの長い武器種
  • ランスハーラーが非常に使いやすい

槍士の特徴は、何と言っても遠距離攻撃のアビリティ「ランスハーラー」です。3段階まで溜めたランスハーラーは、序盤では特に攻撃力も高く、道中の雑魚戦はかなり安定した攻略をしていくことができます。

ボス戦では溜める時間があまりなく、立ち回りは剣士よりかは劣るかも知れませんが、大剣士のコマンドアビリティであるリィンフォースと組み合わせることで、より現実的に安定した攻略も可能になります。

槍の通常攻撃はその他の武器種と比べるとリーチも長めなので、戦闘が苦手な方にも扱いやすいかと思います。

戦士

おすすめジョブ3「戦士」

  • 武器種の多さが魅力的
  • ウォークライでポーションの節約が可能
  • 被ダメ減少やHP増加の効果付き

戦士はその他のジョブと比べると、パッシブに被ダメ減少やHP増加などの防御面を強化するものが多く、最もやられにくいジョブとも言えます。

アビリティである「ウォークライ」は非常に使い勝手が良く、雑魚戦の緊急時に発動させて敵をノックバックさせたり、ボス戦でポーションの節約をするためにリジェネ効果を早めに付与させるなど様々です。

控えめな火力面は武器種の多さでカバーし、自身の最も得意な武器(棍を除く)で戦っていきましょう。

赤魔道士

おすすめジョブ4「赤魔道士」

  • MPの回復が比較的しやすい
  • 連続魔が優秀
  • 攻守のバランスが良い
  • 武器種には扱いやすい剣がある

赤魔道士が真価を発揮するのはどちらかというとクリア後ですが、初見攻略時でも十分に扱いやすいジョブでもあります。

適性ボーナスにある通常攻撃のMP回復量増加(アタックアスピルボーナス)が優秀で、少し敵を攻撃するだけで通常よりも早くMPを補充することができます。MPの回転が良いことから「連続魔」を使用できる機会も多くなり、雑魚敵とボス戦の両方に相性良く立ち回れるのが最大のメリットです。

使える魔法は黒と白の両方なので、戦闘に余裕があるときは3種の黒魔法をどんどん使っていき、相手が強敵の場合は早めにプロテスやリジェネをかけておくなどすると良いです。ただし、赤魔道士が使う白魔法は基本的に自身のみという点に注意してください。

賢者

おすすめジョブ5「賢者」

  • 封印魔法がトップクラスで便利
  • 白魔法でポーションの節約が可能
  • ポーションの回復量アップなどあり

賢者は最上位ジョブなので解放までに時間はかかりますが、本作における最も便利なジョブです。

アビリティの「封印魔法」は、黒魔法と白魔法の両方を使いこなすことができるため、MPさえあればどんな敵でも乗り越えることができると思います。デメリットは武器種が少ない点くらいなので、メインで得意な近接系のジョブを選んでおき、サブとして賢者をセットしておけば間違いありません。

黒魔法と白魔法をそれぞれ3回づつ使うことで「アルテマ」という強力な魔法を撃つこともできますが、本編クリア前ではその条件を達成するのがなかなか難しいので、戦闘中に達成できそうなら使うくらいで大丈夫です。

実況解説動画とまとめ

上記以外には、火力を簡単に上昇させる代わりにポーションが使えなくなる「バーサーカー」、賢者以外の魔法ジョブである「魔術士」や「黒魔道士」、ヒーラーの「白魔道士」なども候補としていました。

挑戦する難易度やオンラインプレイの有無でもおすすめジョブは変わるので、ぜひ自身のプレイスタイルに合わせたジョブを見つけてみてください。

追記:今回ご紹介したおすすめジョブの内容を実況付き動画にも致しました。

コメント一覧