【FF14】ダンジョン『腐敗遺跡 古アムダプール市街』のギミック攻略情報

古アムダプール市街の攻略について

FF14のダンジョン『腐敗遺跡 古アムダプール市街』のギミック攻略情報のイメージ画像です。

FF14のダンジョン『腐敗遺跡 古アムダプール市街』は、レベル50のサブクエスト『腐朽の魔都市』にて挑戦することができます。過去に登場した50ダンジョンの中では特にボス戦が難しく、現在のILでもギミックをある程度理解していないと全滅してしまう恐れがあります。初見プレイヤーがいた場合は、クリア済みのプレイヤーがマーカーなどを付けて安定した攻略をするようにしましょう。
※その他の新生ダンジョン攻略については、こちらのリンクページよりご覧ください。

受注条件:腐朽の魔都市

レベル受注条件
50・メインクエスト『究極幻想アルテマウェポン』をクリア
・グリダニア:旧市街『X:6.0 Y:10.6』のエ・スミ・ヤン

古アムダプール市街のギミック攻略一覧

古アムダプール市街:腐敗した市街地

FF14のダンジョン『腐敗遺跡 古アムダプール市街:腐敗した市街地』の全体マップです。

  1. 粘菌塊から優先的に処理する。
    ダンジョン道中に出現している粘菌塊は、放置し続けてしまうと『ヘクトアイズ』を多数出現させてきます。DPSは優先的に粘菌塊を処理し、タンクは不浄な粘菌塊から出来るだけ離すようにヘクトアイズを誘導しましょう。粘菌塊を破壊した同時に粘菌壁が崩れ去り、ダンジョンの先へと進めるようになります。
     
  2. 宝箱からミミックが出現する。
    扉の前に設置されている2つの宝箱は、どちらかが必ずミミックとなっています。ランダムではないため、1ヶ所目は正面向かって右側2か所目は正面向かって左側の宝箱を開けて進みましょう。
    ※小ネタのようなものですが、道中に出現する『グレムリン』が使用する「ののしる」は、デバフの悲嘆(被ダメ上昇)にされてしまったプレイヤーに対し、エモートアクションの『なぐさめる』をすると解除することができます。ヘイト2位以下にしか使用しないので危険度はほとんどありませんが、初見プレイヤーがいた場合は覚えておくと良いかも知れません。
     
  3. 中ボス1『ロッティング・グルマン』を倒す。
    ロッティング・グルマンは、一定以上のダメージを与えるとランダムターゲットでマーキングし、オレンジ色の線で繋がれたプレイヤーを捕食状態にしてきます。捕食されてしまったプレイヤーは行動不能になり、一定時間が経過すると吐き出されて戦闘不能となってしまうので、捕食されなかったプレイヤーが迅速に飽食の大口を破壊してプレイヤーを救出しましょう。また、捕食すると同時にモルディフレムで毒沼エリアの生成も行うため、タンクは誘導する場所にも注意し、その他のプレイヤーも出来る限り被ダメージを負わないように気をつけましょう。
     
  4. 中ボス2『アリオク』を倒す。
    アリオクとの戦闘では、雑魚敵である『ランチ・ワモーラ』を倒し、プレイヤーが妖精粉のデバフを付与しながら戦っていきます。注意しなければいけない点として、ランチ・ワモーラの妖精粉は正面方向にしか発生しないこと、妖精粉のデバフを付与したプレイヤーはアリオクから狙われ続けるということの2点があります。全員が妖精粉を浴びる必要は一切ないので、倒しきる前にDPSとヒーラーは背後に立ち、タンクは正面から妖精粉のデバフを付与させましょう。なお、妖精粉を誰も浴びずにアリオクが空中へと戻ってしまうと、その間にアリオクはリジェネ状態となり、体力を回復し続けてしまうので、素早く攻撃して撃破しましょう。

古アムダプール市街:封魔洞

FF14のダンジョン『腐敗遺跡 古アムダプール市街:封魔洞』の全体マップです。

  1. 白魔法の石塔を破壊する。
    封魔洞の中にいる『バールゼフォン』は、紫色の線で繋がれた白魔法の石塔により、戦闘前から強力なリジェネ状態となっています。DPSは優先的に白魔法の石塔を破壊し、周囲の雑魚敵と同時にまとめて撃破しましょう。もし、パーティ全体のILが低い場合は、先にタンクがバールゼフォン以外を手前に釣り、雑魚処理をしてから白魔法の石塔の破壊に移ると良いです。
    ※バールゼフォンは、ヘイト1位のタンク以外にも『グラビデフォース』を使用してくるので、ヒーラーは全体の体力に気を配っておきましょう。
     
    FF14のダンジョン『腐敗遺跡 古アムダプール市街』出現するラスボス『ディアボロス』のイメージ画像です。 
  2. ラスボス『ディアボロス』を倒す。
     
    ルイナスオーメン:このボス戦で最大の神経衰弱のようなギミック。戦闘開始時に扉の上に描かれているマークを覚えておきルイナスオーメンの詠唱中にマークを揃えて無敵状態になって回避する。詠唱開始時では早すぎてしまうため、詠唱が半分くらいまで来たときを狙って2つ目の扉を開ける。間違えてもヴォイドの呪詛が1つスタックされるのみなので、自信がなくてもルイナスオーメンの回避を優先して開け続けた方がどちらかというと良い。また、ルイナスオーメンが来る前の前兆として、必ず「ノクトシールド」を使ってくるので、このタイミングで1つ目の扉を開けておいても問題はない。
     
    重力球:ランダムターゲットでオレンジ色のマーカーが付き、一定時間後に数回ほど爆発する球を設置する。ターゲットにされたプレイヤーは、扉の前には絶対に置かないようにし、扉の間やタンクのいない中央寄りなどに誘導しておく。
     
    ナイトメア:全体ダメージ+悪夢(睡眠)の攻撃。危険度が高い攻撃なので、スタンは出来る限りこのナイトメアで狙っていく。
     
    アルティメットテラー:ドーナツ範囲攻撃。外周は全体ではないため、扉のある隅にいても回避することは可能。
     
    ディアボロスとの戦闘は50ダンジョンの中でも特に難易度が高く、現在のILでもギミックをある程度回避しないと全滅してしまう恐れは十分にあります。野良パーティでルイナスオーメンの回避を全員することは不可能に近いので、ギミックを理解しているプレイヤーが戦闘開始時から扉にマーカーを付け、少しでも安定した戦闘ができるようにしましょう。ルイナスオーメンの回避を出来る限りしておき、スタンでナイトメアを阻止していればごし押しでもクリアすることができると思います。扉のマークを仮に覚えられなかった場合は、覚えているプレイヤーを妨害してしまわないように重力球の設置だけは注意しましょう。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました