サブクエスト『キカトリークに眠る脅威』攻略とアイテム一覧 FF15

サブクエスト『キカトリークに眠る脅威』攻略

キカトリークに眠る脅威の入口画像です。

サブクエスト「キカトリークに眠る脅威」とは本編クリア後に発生する「ルシスに眠る脅威」ダンジョンの一つ。
難易度は脅威ダンジョンの中では最も低く、アイテム制限などもない。攻略もしやすいモンスターばかりだが、難易度イージーでの救済措置はないので注意しよう。
また、脅威ダンジョン内でのセーブポイントはなく、キャンプポイントでのオートセーブが重要となる。体力回復と強化も兼ねてオートセーブは常にしておこう。
今回のキカトリークに眠る脅威はダンジョン「キカトリーク塹壕跡」の最深部にて攻略開始できる。


①、ダンジョン最深部の入り口に到着したら、さっそくモンスターの討伐を開始しよう。
ダンジョン内の構成はとてもシンプルで、道中の分かれ道がいくつかあるだけとなっている。下記に簡潔なマップを用意してあるので、参考にしながら進もう。
脅威ダンジョンを進む際には注意点があり、道中の分岐点が現れた際は先に行き止まりを選択するのを強く推奨する。なぜなら先に正解の道を選んでしまった場合は、入口が封鎖され、分岐点まで戻れず重要なアイテムなどを回収できないからだ。(誤って先に正解ルートへ進んでしまった場合は、再びダンジョンを入り直す必要がある)
下記のマップで先に行き止まりのを選択してから、正解ルートへ向かおう。

②、キカトリークに眠る脅威に出現するモンスターは「エレシュキガル」、「シュラプネル」、「ヘクトアイズ」、「ブラックプリン」などのプリン系モンスターなどが多い。あまり苦戦する種類は多くなく、コースタルマークタワーなどがクリアできるレベルならば十分突破可能だ。
ヘクトアイズ対策にはリボンなどの混乱対策はしておこう。プリン系は各魔法に弱点は存在するが、毎回魔法を使っていてはキリがないので、バックアタックリンクやペネトレイトなどを駆使して撃破していこう。
(最新のバージョンにアップデート済みならば、上記のモンスターはほとんど「デス」にて撃破可能です。大型のみ「オルタナ」を使用すれば撃破可能です)

③、最深部のボスモンスターは「プリンラフーム」というブラックプリンに似たモンスターだ。
弱点はホーリーのみ。その他は全て耐性扱いになる。だが、このプリンラフームはボス級モンスターの割に攻撃力などはあまり高くない。
今回もパリィからのリンクアタックやバックアタック、プロンプトのコマンド「ペネトレイト」で攻撃し続ければまず負けないだろう。全員がピンチ状態になる技もないので、焦らず正確に撃破しよう。
(上記と同じく、こちらもオルタナで討伐可能です)

最深部のプリンラフームを撃破出来ればサブクエスト「キカトリークに眠る脅威」はクリアになる。最深部のアイテムは銃の「ハイパーマグナム」だ。忘れずに回収するようにしよう。

キカトリークに眠る脅威 マップとアイテム一覧

正解ルートと分岐点

キカトリークに眠る脅威のマップ①です。

不正解ルート アイテム回収推奨

キカトリークに眠る脅威のマップ②です。アイテム一覧と出現モンスター

青番号 ドロップアイテム 出現モンスター
エリクサー エレシュキガル×2
ハイポーション エレシュキガル×3
レーザーセンサー エレシュキガル×4
サークレット シュラプネル×1
つぶれた懐中時計 シュラプネル×2
良質の石材 エレシュキガル×4
最高級石材 シュラプネル×2
ゴールドバングル ブラックプリン×2
エーテルetc. エレシュキガル×4
ドミネーター キャンプ「ダーマヌスの標」
ハイポーション ババロア×2
レーザーセンサー マシュマロ×2
地の宝玉 ババロア×2
ゴールドバングルetc. マシュマロ×4
綺麗な空き瓶 ヘクトアイズ×2
ふるい小銭 ヘクトアイズ×4
神凪就任記念硬貨 ババロア×1
虹鉱石の欠片 マシュマロ×4
メガフェニックス ヘクトアイズ×4
ハイパーマグナム ボス「プリンラフーム」
赤番号    
①ー1 ふるい小銭 シュラプネル×1
①ー2 神凪就任記念硬貨 シュラプネル×1
②ー1 ミスリルジョイント シュラプネル×1
②ー2 エメラルドの腕輪etc. シュラプネル×1
③ー1 ハイポーション マシュマロ×2
③ー2 ふるい銀貨 マシュマロ×2
④ー1 ふるい小銭 マシュマロ×2
④ー2 最高級石材 マシュマロ×2
⑤ー1 天上の宝玉 ヘクトアイズ×2
⑤ー2 ウィザードシールド ヘクトアイズ×2
⑥ー1 ミスリルジョイント ヘクトアイズ×2
⑥ー2 ダイヤの腕輪 ヘクトアイズ×2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です