CHAPTER 14『帰郷』攻略 FF15

CHAPTER 14『帰郷』攻略

①、場所は以前の拠点だった「ガーディナ渡船場跡」、今回もノクティス一人でCHAPTERはスタートする。(アンブラもいます)
辺りは既に夜の状態だが、プレイ中に日中に変わることはない。その為、道中出現するシガイは復活してしまうので注意しよう。



②、道程に少し進むと、「ゴブリン」が出現する。数はそれなりにいるが敵のレベルが低いためまず苦戦はしないはずだ。
さらに進むと屋内にて「トンべリ」、「スケルトン」、「ガルキマセラ」などが出現。
ここまで来れているならここも同じく苦戦を強いる可能性は少ないが、トンべリだけは数が多いと厄介なので、片手剣などの素早い武器でパリィを狙っていこう。
また、今回はノクティスが一人なので遠距離からの魔法をどんどん使用していこう。
道程を進む際は、スケルトンとガルキマセラがいた部屋にアイテムもあるので忘れないようにしよう。
さらにもう少し進むと、「リッチ」と「ナーガ」が出現。
ここでも非常に片手剣は戦いやすい。出現したら少し離れ、初手から氷魔法を放つとかなり有利になる。しかしナーガ相手に状態異常の注意は必要だ。
少し先の入口では「ホブゴブリン」が出現。武器弱点は大剣だが、囲まれると厄介なので無理に使う必要はない。ここのレベルも高くはないので、冷静に一体づつ倒そう。パリィも狙えるうえに炎属性も弱点となっている。



③、海岸近くまで来れたらここからは戦闘をする必要は一切ない
敵の数もかなり多く、高レベルモンスターも中にはいるので相手にしない方が得策だ。
海岸近くのアイテムを拾ったらすぐさま進んでしまおう。もちろん戦いたい場合は戦っても構わないが、うっかりゲームオーバーにならないよう気を付けよう。
海岸から道路周辺のシガイは「鉄巨人」、「テルミット」、「グレネード」、「シュラプネル」、「ブラックプリン」、「デモンズウォール」、「ネクロマンサー」などがいる。

FF15のCHAPTER 14『帰郷』のデモンズウォールのイメージ画像です。

最も強いのはトンネル下のデモンズウォール。
レベル99でも時間がかかるほどの強敵だ。必ず無視して進もう
また、日中の時にも使用していたキャンプポイントはここでも使用できる。
キャンプをする必要はほとんどないが、もし冷えた缶詰を料理し忘れた方は最後のチャンスなので忘れずに食べておこう。



④、しばらく北へ向かうと強制的にイベントが発生し、タルコットと合流することになる。このイベント後は拠点「ハンマーヘッド」に到着する。



ハンマーヘッド到着後、グラディオラスとイグニス、プロンプトが合流。
この期間はハンマーヘッドから出ることは出来ず、一度出発してしまったら二度と戻れない
やり残したことがないようにしよう。
主にできることは、タルコットから様々な会話を聞く、モービル・キャビンで宿泊するとメンバーの会話が聞ける(3パターン)、ハンマーヘッド内のドロップアイテム(青)、武器屋の限定アイテム、その他の資料が見れる、などだ。
悔いのないよう準備が出来たらハンマーヘッドの入り口ゲートから出発しよう。

メインクエスト限定ショップ一覧表



⑤、ゲートから出発すると、まずは料理を選ぶことになる。
ここでの料理はこの後の連戦に強く影響するのでしっかり選んでおこう。(主に心眼などの攻撃力強化でも問題ありません)



⑥、インソムニアに着くと、早速「旧帝国兵」と戦闘になる。
レベルも低く、全体的な攻撃力も弱い。普通に今までの帝国兵と変わらないので、シフトブレイクで近づき撃退しよう。



※ここで注目して頂きたいのはこの後の流れについてだ。普通ならこのまま進んで行けば良いだけなのだが、レア武器『ウリックの双剣』を入手するかどうかで流れが変わってくる。
推奨ではこのままウリックの双剣を入手したほうが改めて入手するより楽となる。(後でも可能)
ただし、プレイヤーのレベルや装備によっては、多少の苦戦や時間がかかるかも知れないのでそれなりには覚悟しておこう。
クリア後やレベルを上げた後でも取りに戻っては来れるので、その辺は自分のスタイルに合わせよう。
下記の記載については、武器「ウリックの双剣」を入手する流れで記しています。
ウリックの双剣の入手方法の詳細はこちらをご覧ください。

王都インソムニアのマップとアイテム一覧



旧帝国兵撃破後、しばらく進むとまずは大型のシガイ「イゾルデハンズ」がいる。
このシガイはCHAPTER 12で戦ったデスクローとほぼ同じだが、かなり強化されている。
武器弱点も盾になっているため、非常にダメージを削りにくく、動きがそこそこ素早いのでバックアタックリンクも難しい。
確実にダメージを与える手段は、プロンプトのコマンド「ペネトレイト」を使った後、イグニスのコマンド「エンハンス」をかけてシフトブレイクからの攻撃などだ。
また、炎属性が弱点なので魔法を惜しまず使っていこう。
イゾルテハンズはパリィのチャンスもあるので、狙えるならばすかさず決めていこう。



⑦、道中、休憩所やエレメント補充も用意されているためしっかり連戦に備えておこう。
まだまだ強敵との戦いは続くので注意しよう。(アンブラの力も利用可能です)



マップ手前の道を進もうとすると、「ナーガラージャ」×2との戦闘になる。
基本の行動パターンはほとんど「ナーガ」系と同じなので戸惑いはしないはずだ。
状態異常対策と片手剣装備をしておこう。
ナーガラージャは動きが素早いが、攻撃していると自然にバックアタックリンクに繋がりやすい。体力は高いがどんどんリンクアタックやペネトレイトなどを駆使して削っていこう。
なお、補足としてはこの辺りで召喚獣を呼べると敵を一掃することがある。チャンスが来たらどんどん呼び出そう。



ナーガラージャの道を進むと、今度は「ヨウジンボウ」が出現する。
ヨウジンボウは、この王都インソムニアではあまり強い方には入らない。
うまくパリィを連続させて倒そう。弱点は主に槍と雷属性だ。
さらに道なりに進むと「アリアドネ」が出現。
アルケニーの上位に当たるが、こちらも立ち回りをしっかりすれば大したことはないはずだ。パリィのチャンスは非常に多く、特に飛び上がった瞬間のパリィは確実に狙おう。
このモンスターも背後を狙いやすく、バックアタックリンクは簡単に狙えてしまうぞ。



⑧、しばらく進んだ先では地下道への道があるので、スイッチを押して進もう。
進んだ先にて再び、「旧帝国兵」と「サルピンクス」が同時出現。
まずは旧帝国兵が遠距離攻撃をしてくるので、後方の旧帝国兵を撃退しよう。
その後、手前の旧帝国兵とサルピンクスを撃破。サルピンクスは武器弱点は片手剣なので、度々来るパリィを狙いつつ、シフトブレイクで距離を詰めてから攻撃しよう。



⑨、地下道を抜けたら後方に「ブラックプリン」だ。
弱点は聖のみであとは耐性持ちと厄介だが、プリン系の体力はそんなに高くない。パリィかバックアタックリンク、ペネトレイトなどで削ればまずやられてしまうことはないだろう。



⑩、帝都城の入り口まで来ると「キングベヒーモス」が待ち構えている。
このキングベヒーモスはパリィチャンスも多く、パリィカウンターまで成功するとバックアタックリンクまで繋げることも可能だ。
戦闘前の周りにはエレメントもあり、魔法を使うのも有効だが、パリィ狙いか魔法手段で攻めるかはプレイヤーのスタイルに合わせよう。(氷魔法は不利なので注意)
少なくとも入口付近のイゾルデハンズよりは苦戦しないはずだ。
キングベヒーモス撃破後は、一度近くの休憩所でセーブなどしておこう。
帝都城の入口では「もう戻れない」と警告が出るが、実際はまだ戻れるポイントがあるので安心して進もう。



⑪、帝都城を進むとイフリート戦に突入する。

FF15のCHAPTER 14『帰郷』のイフリートのイメージ画像です。

前半と後半があり、前半はイフリートが座った状態で相手をされる。
そこまで強い相手ではないが、心配ならばアクセサリー「火炎の紋章」などを装備しておこう。
しばらく攻撃を加えると、イベントシーンが流れ後半戦に突入する。



後半戦はイフリートが普通に攻撃をしてくるため、自分のHPはもちろん、仲間の体力にも気を配ろう。
攻撃パターンはさほど激しくなく、ゆっくり剣を振りかざすなどが多い。
パリィチャンスや掴まれたときなどのアクション指示も見逃さないようにしよう。
また、イフリートはかなり動きが遅いのでバックアタックも余裕で狙える。
イフリートの体力を最後まで削ると、シヴァの召喚合図が出現する。シヴァを呼ばないと戦闘が終わらないので、合図が来たらさっそく呼んでイフリートを撃破してもらおう。(この時、トロフィーについては難易度イージーだともらえないものがあるので注意しよう)
撃破後には『炎神の欠片』を入手できる。
イフリートを倒した後は、少し進んでエレベーター近くまで行こう。(まだエレベーターには乗らない



⑫、エレベーターの近くまで進み、先ほどのイフリート戦の場所まで戻ると「ウルフラマイター」×2が出現している。
ウリックの双剣のためにはこの二体を撃破する必要がある。
ウルフラマイターは戦ったことのある方も多いかも知れないが、非常に強いというよりは面倒な相手だ。弱点は聖のみで他全て耐性持ちなので、ただ硬く強いブラックプリンということになる。攻撃手段はやはりペネトレイトとエンハンスからの攻撃。アビリティで部位破壊を取得しているなら極力狙っていきたいところだ。
圧倒的に倒せる手段はいづれもなく、時間をかけたくなければファントムソード召喚やアイテムなども惜しみなく使って倒したい相手でもある。
(最新バージョンにアップデート済みならば、リング魔法の「オルタナ」で殲滅可能です)



このウルフラマイターを倒せたら、ウリックの双剣の条件はある程度達成。
インソムニアのスタート地点に戻り、「サイコプレディクター」が出現しているか確認しよう。(この際道中の敵は全て無視して構わない。各敵を倒す条件は一度のみです)



⑬、サイコプレディクターの基本は、レイスやリッチなどと同じ部類に入るが、今回に限っては圧倒的に体力が多い。レベルが低かったりする場合は多少の持久戦になるので覚悟しよう。
対策は主に即死と石化。即死確率は割と低いが、石化は特に仲間が高確率でかかってしまう。確実に勝つならペンダントやリボンは装備しておこう。
攻撃手段で有効なのはやはりパリィとバックアタック。時間がかかって慣れてきた頃には、背後も狙いやすくなっているはずだ。
時間短縮にはペネトレイトなどのコマンドももちろん有効手段として使っていこう。
見事サイコプレディクターを撃破すると、ウリックの双剣をその場にドロップ
絶対に回収し忘れないように注意しよう。(二度と手に入らない恐れがあります)



⑭、ウリックの双剣を入手できたら、今度こそ帝都城前の休憩所でセーブを行おう。
これが最後のクリア前セーブとなる。
セーブが完了したら先ほどのエレベーターに乗り玉座を目指そう。
ちなみに玉座前の部屋では一枚だけ調べられる絵がある。(話が少し聞けます)
玉座部屋へ進もうとすると、写真を選ぶことになる。お気に入りの写真を一枚選ぼう。
この写真を選ぶ時も色んなセリフが聴ける。
選び終わると選択肢が出現する。写真が決まったら↑を選ぼう。

選択肢 台詞 選択内容
「ああ」 物語が進む
「いや もう一回 見せてくれるか」 もう一度選択可能



⑮、玉座部屋に入るとイベントシーンが流れる。その後はノクティス一人になってしまう。
マップシフトでアーデンを追いかけよう。ここからはアーデン戦に突入する。

FF15のCHAPTER 14『帰郷』のアーデンのイメージ画像です。


アーデン戦も前半と後半があり、前半は地上で、後半は空中で戦う流れになる。



前半のアーデンは、攻撃力がそこまで高くないもののとても素早く動き回る。翻弄されてしまわないようこちらもシフトブレイクで追いかけよう。距離をつめてどんどん攻撃を与えるのがいい流れだ。
また、アーデンも距離が離れたときには魔法を使用してくるので、溜め始めたら即座にシフトを使ってその場から逃げよう。
ある程度攻撃を加えていると、鍔迫り合いになることがある。これはぜひ勝って一気に攻めに転じてしまおう。(勝つとアーデンはWEAK状態になります)



後半戦は、ある程度アーデンの体力を削ってイベント後に突入する。
この後半戦は以前にリヴァイアサンと戦ったときとほぼ同じだ。
以前にも記載した流れになってしまうが、空中に浮いて停止、または動きながら〇ボタン押しっぱなしで連続攻撃が出来てしまう。普通に攻撃しあう場合は、シフトブレイクなどを使おう。その場合でもまず負けることはないはずだ。
ラストは〇ボタンのアクション指示。タイミングに合わせてアーデンを攻撃しよう。




⑯、攻撃後はアーデンを見事撃破。その後はそのまま長めのイベントシーンに突入する。
イベントシーン後は一度だけアクション指示。
その後ついにエンディングを迎える。
クリア後には選んだ写真の『認定証』を獲得できます。



以後はセーブデータを引き継いで、CHAPTER 15『旅路』をプレイ可能になります。

ゲームクリアおめでとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です