タイムドクエスト攻略(第1回~第10回)【FF15】

タイムドクエスト攻略(第1回~第10回)

FF15のタイムドクエスト(第1回~第10回)までのイメージ画像です。

現在配信中のタイムドクエスト攻略はこちらからご覧ください。
詳細や解説なども最新ページにて記載しています。

タイムドクエスト攻略一覧

第10回目、『第3回 ハンティング』
ガルラ&クイーンガルラ 討伐数 15 分間

①、配信期間「5/30 12:00~6/6 12:00

②、プレイ制限「あり

③、発生条件「CHAPTER 08『船出』以降」

④、初回報酬「常設交換所 50QP」、「第3回 ハンティング 50QP」

⑤、細かい発生場所のマップ
クレイン地方のパーキング「ヴェスペル湖」の北東

FF15のタイムドクエストの第10回目『第3回 ハンティング』の全体マップです。

⑥、称号や景品について。
過去の称号や景品に変化はありません。称号と景品一覧をご覧ください。

⑦、攻略法について。
今回の内容は、『ガルラ』と『クイーンガルラ』を15分間でいかに多く討伐するか、というものになっています。前回のハンティングと異なる点はガルラのみの討伐となっているため、戦闘場所を移動する必要もなく、引き続きタイムドクエストを行うことができるという点です。
いづれのガルラも通常時のエネミーとして出現するレベルとなっており、苦戦を強いることはないですが、前回のトウテツよりはHPも高く、クイーンガルラをどのように対処するかも重要となっていきそうです。
主な撃破や討伐に関しては、広範囲の魔法やファントムソード召喚によってより素早い討伐も可能になり、イグニスのエンハンスやハイパワーEXなども使用すれば、銃やファントムソード『飛王の弓』などで遠距離からガルラを撃破し続けることもできます。
飛王の弓や伏龍王の投剣などを使用し順調に撃破できれば、より多くのスコアを出せるかと思われます。

第9回目、『第2回 タイムアタック』
悪名高きトレント 討伐数 4 体

①、配信期間「5/23 12:00~5/30 12:00

②、プレイ制限「あり

③、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」

④、初回報酬「常設交換所 50QP」、「第2回 タイムアタック 50QP」

⑤、細かい発生場所のマップ
リード地方のパーキング「三つ子谷」の南西。

FF15のタイムドクエスト『第2回 タイムアタック』トレントの全体マップです。

⑥、称号や景品について。
過去の称号や景品と変化はありません。称号と景品一覧からこちらからご覧ください。

⑦、攻略法について。
前々回配信された『第1回 タイムアタック』と内容は同様のものとなります。
状態異常対策を行い、片手剣、短剣、銃、盾などの無効に注意しながら撃破しましょう。
また、下記に記載の方法では、ファントムソード『伏龍王の投剣』や『カーバンクルの加護』を利用したハイスコア取得方法もご紹介しています。

第8回目、『第2回 ハンティング』

討伐モンスター一覧

順番 討伐モンスター 討伐数 場所
クアール&エルダークアール 10 拠点「レストストップ・テルパ」の西
サボテンダー&サボッテンダー 3 ※パーキング「リディーレ草原」の北東
トウテツ&フレキトウテツ 10分 パーキング「三つ子谷」の南東
悪名高きキングベヒーモス 1 拠点「カエムの岬」の西

※前回同様にアーチ状の高い位置にいるので注意してください。

①、配信期間「5/16 12:00~5/23 12:00

②、細かい発生場所のマップ

FF15のタイムドクエスト『第2回 ハンティング』の全体マップです。

③、プレイ制限「あり

④、発生条件「CHAPTER 03『広がる世界』以降」

⑤、初回報酬「常設交換所 50QP」、「第2回 ハンティング 50QP」

⑥、称号や景品について。
過去のものと特に変動はありません。
タイムドクエストの称号と景品はこちらをご覧ください。

⑦、攻略法について。
前々回の『第1回 ハンティング』の内容と変化はありません。
トウテツの撃破数や悪名高きキングベヒーモスをいかに早く撃破出来るかが重要となります。
トウテツの撃破に関しましては、過去の内容やハイスコア取得方法のページをご覧ください。

『第1回 ハンティング』ハイスコア取得方法について

第7回目、『第1回 タイムアタック』
悪名高きトレント 討伐数 4 体

①、配信期間「5/9 12:00~5/16 12:00

②、プレイ制限「あり

③、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」

④、初回報酬「常設交換所 50QP」、「第1回 タイムアタック 50QP」

⑤、細かい発生場所のマップ
リード地方のパーキング「三つ子谷」の南西。

FF15のタイムドクエスト『第1回 タイムアタック』トレントの全体マップです。

⑥、称号や景品について。
過去の『第1回 フィッシング-キャッチ-』『第1回 ハンティング』と変更はありません。
称号と景品一覧表をご覧ください。

⑦、攻略法について。
今回のタイムドクエストでは数を多く討伐するのではなく、いかに早く『悪名高きトレント』を4体討伐するかでスコアが変動します。
ランキングで上位を目指す際は、難易度をイージーに変更してから挑戦するようにしましょう。
なお、今回も『ブーストソード』や『光耀の指輪』を使用することは不可となっているので、4体の悪名高きトレントを撃破するには最低限のレベルやアビリティ、料理の準備は必須となります。
悪名高きトレントの行動パターンは、通常のものと変わらず状態異常にする混乱や能力低下の技を多用してくるため、『リボン』などの装備は必ずしておきましょう。
大きな違いとして弱点や耐性には変化があり、片手剣や短剣銃や盾などの攻撃は無効化されてしまいます。
メインとして使用する武器には、大剣や槍などを選択しておきましょう。
過去に登場した『悪名高きキングベヒーモス』のように不用意に攻撃してしまうと、かえってダメージを負いかねません。
トレントはパリィチャンスも多く、バックアタックもそこそこ狙いやすいモンスターなので、焦らずチャンスを伺ってから攻撃を仕掛けましょう。
また、全ての魔法属性に耐性を有していますが、少しでも早くダメージを削りたい場合は迷わずフレアなどを使用していきましょう。

⑧、カーバンクルの加護を利用した方法について。
イージーモードにした状態で戦闘不能になり、復活した後の戦闘中は『カーバンクルの加護』が発動し続けます。
これを利用すれば悪名高きトレント戦も有利に戦うことが可能となります。(その際はリスタートポイントから受注ではなく、自然にトレントとデュアルホーンが出現するようにしなくてはなりません)
予め準備などは必要ですが、セーブ&ロードをしても受け継がれるので、上位ランクを狙う際はぜひ利用してみましょう。(現在は最新アップデートによって『カーバンクルの加護』を利用できなくなりました)


※挿入動画は『カーバンクルの加護』とファントムソード『伏龍王の投剣』を利用した討伐動画となっています。

第6回目、『第1回 ハンティング』

討伐モンスター一覧

順番 討伐モンスター 討伐数 場所
クアール&エルダークアール 10 拠点「レストストップ・テルパ」の西
サボテンダー&サボッテンダー 3 ※パーキング「リディーレ草原」の北東
トウテツ&フレキトウテツ 10分 パーキング「三つ子谷」の南東
悪名高きキングベヒーモス 1 拠点「カエムの岬」の西

※サボテンダー&サボッテンダーはアーチ状の高い位置にいるので注意しましょう。
また、途中でクエストを終了していた場合は、順番も途中からとなります。

①、配信期間「5/2 12:00~5/9 12:00

②、細かい発生場所のマップ

FF15のタイムドクエスト「第1回 ハンティング」の全体マップです。

③、プレイ制限「あり

④、発生条件「CHAPTER 03『広がる世界』以降」

⑤、初回報酬「常設交換所 50QP」、「第1回 ハンティング 50QP」

⑥、称号や景品について。
前回の第5回目『第1回 フィッシング-キャッチ-』の時と変更はありません。
『第1回 フィッシング-キャッチ-』の景品一覧はこちらをご覧ください。

⑦、攻略法について。
今回も前回の時同様に一時間でモンスターをいかに早く討伐するかが重要となります。
大きな変更は、有料DLCの『ブーストソード』や『光耀の指輪』が使用できなくなった点です。(『ファントムブースター』や『コマンドブースター』などは使用を確認できました)
また、今回は討伐モンスターが数種類と増えているので、迅速に対応し撃破しなくてはなりません。
過去のタイムドクエストでも登場したモンスターもいますが、今回は『クアール&エルダークアール』、『トウテツ&フレキトウテツ』の10分討伐などが新規で追加されています。
『悪名高きキングベヒーモス』戦を除けば大いに限界突破魔法が活躍するはずです。
トウテツやフレキトウテツ戦では、以前のサボテンダー&サボッテンダー戦のような纏めて攻撃できるコマンド『コンダクター』や『ブラストボイスBis』などをうまく駆使していきましょう。
※追記でハイスコア取得方法について記載致しました。下記のリンクよりご覧ください。

『第1回 ハンティング』ハイスコア取得方法について

第5回目、『第1回 フィッシング-キャッチ-』

FF15のタイムドクエスト「第1回目 フィッシング-キャッチ-」のイメージ画像です。

①、配信期間「4/27 11:00~5/2 12:00

②、対象「すべての魚」



③、プレイ制限「なし」



④、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」



⑤、初回報酬「常設交換所 50QP」、「第1回 フィッシング-キャッチ- 50QP」
景品にて用意されている大剣『アフロソード』は、景品一覧表ページにて使用動画を挿入致しました。

タイムドクエスト 称号と景品一覧表



⑥、新要素「ランキング」について。
新たに追加されたタイムドクエストのランキング要素です。
称号は用意されたものから選ぶシステムとなっており、全称号の解放条件はアップデート時の追加と各ランキング終了時の順位で決まります。
ランキングは釣りを終了した後の自動送信と手動送信が存在します。
自動送信については、送信完了までの時間をプレイする必要があるので注意が必要です。確実に送信したい場合は手動送信をするようにしましょう。
※手動送信にて多くの不具合が発生している模様です。(現在は大幅に改善されました)
対処する場合はすぐにゲームを終了せず、しばらく待機してから再度手動送信を行ってみましょう。各ランキングでは、おおよそ3~5分程度で送信できることが多いです。



⑦、ハイスコアの取得について。
今回のタイムドクエストは釣りとなっています。要となるスコアの獲得には魚の種類が一切関係しないため、いかに早くギルやデイスなどの弱い魚を釣り上げるかがカギとなります。
大物は一切狙わず、とにかく小さい魚をたくさん釣っていきましょう。
今回の目玉となっている大剣『アフロソード』は合計1000QPも必要となっているため、初回報酬を入れてもそれなりの数の魚を釣り上げる必要があります。
※非常に多くの質問を頂きました釣り場についてですが、日中にギルなどが多く出現する場所で一時間釣り続ければ、ある程度の釣り具でもスコア110~120以上は達成可能です。
釣り場によって変動しますが、夜間に強い魚しか出現しない場所は即座にキャンプで休み日中にしましょう。
例え:「マラキアの古池」や「クラストゥルム貯水池」、「二グリス湖」など。

⑧、ポイント獲得について。
④の初回報酬時と⑥のスコアに応じてQPが貰えるシステムとなっています。
細かいポイント振り分けについては知らされておらず、上位ランク、またはスコアの多さに応じてポイントも多く獲得することができます。
QP獲得を狙う場合は、⑥の方法でスコアを多く獲得しましょう。

第4回目、ミドガルズオルム&ウトガルズオルム 討伐数 5 体

①、配信期間「3/21 12:00~3/28 12:00

②、細かい発生場所のマップ
クレイン地方のパーキング「メーダ川」の東。

第4回目のタイムドクエスト(ミドガルズオルム)の全体マップです。

③、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」

④、初回報酬「20000EXP」、「500AP」、「777777GIL」、「神凪就任記念硬貨×5」

⑤、攻略法について。
今回のミドガルズオルム(Lv.54)とウトガルズオルム(Lv.78)は、第3回目のタイムドクエストと比べるとかなり難易度は下げられており、通常のモブハントに近い難易度となっています。
キャンプでの準備や限界突破魔法などを万全にしていれば、低レベルでも十分にクリアは可能です。
戦闘の流れについては、第2回目のようにHPの低いミドガルズオルムから撃破すると戦闘をスムーズにすることができます。
また、弱点についてはミドガルズオルム、ウトガルズオルム共に片手剣、短剣、冷気属性となっているため非常に戦いやすいです。
確実に撃破するならば限界突破魔法のフリーズなどを用意してから挑戦しましょう。
※今回の挿入動画は、コマンド、シフト、フリーズなどを使った攻略動画となっています。

⑥、今回のリスタートポイントはこちらとなっています。再び開始する場合はこの岩から受注しましょう。

第4回目にタイムドクエスト(ミドガルズオルム)のリスタートポイントです。

第3回目、悪名高きキングベヒーモス(Lv.140) 討伐数 1 体

①、配信期間「3/14 12:00~3/21 12:00

②、細かい発生場所のマップ
リード地方のパーキング「三つ子谷」の南南東。

第3回目のタイムドクエスト(悪名高きキングベヒーモス)の全体マップです。

③、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」

④、初回報酬「30000EXP」、「999AP」、「1250000GIL」、「神凪就任記念硬貨×9」

⑤、攻略法について。
今回の討伐数は1体のみですが、今までとは比較にならないくらい強く設定されています。
『悪名高きキングベヒーモス』のレベルは140。限界突破魔法は一切通用しません。
また、防御力はそこまで硬くありませんが、レベルが140だけあってHPもかなり高いです。
攻撃に関してはアンゲルス並みに強く、9999近くのダメージになってしまう攻撃もあるため、アイテム消費は必須となってしまいます。
挑戦する際は予め料理効果を付与してから挑みましょう。
主な行動パターンについてはベヒーモス系と大きな変わりはなく、周囲全体に大ダメージを与える咆哮(吹雪出現)が要注意となります。プレイヤー自身が避けれても仲間が高確率でピンチに陥ってしまいます。
また、メインチャプターで出現したキングベヒーモス同様に、大きく飛び上がった後と角の振り上げ攻撃直後にパリィチャンスは同じく発生します。この機会は極力見逃さないようにしましょう。
具体的な撃破方法については、コマンドの『ペネトレイト』や『ラウンドアサルト』、バックアタックリンクなどがダメージを与えやすいです。広範囲の攻撃を避けるためになるべくコマンドを使用していきましょう。
※有料DLCの『ブーストソード』を使用すれば有利に立ち回りやすくなります。
今回の悪名高きキングベヒーモスは、角の部位破壊に成功すると低確率で『マメット・ヴェキソス』をドロップすることがあります。(ドロップしなかった場合はベヒーモスの角です)

※挿入動画はブーストソード未使用で討伐した動画となっています。

⑥、今回のリスタートポイントはこちらです。
再び始める場合はセーブ&ロードや岩を調べることで開始することができます。

第3回目のタイムドクエスト(悪名高きキングベヒーモス)のリスタートポイントです。

第2回目、モルボル&モルボルドゥーム 討伐数 4 体

①、配信期間「3/7 12:00~3/14 12:00

②、細かい発生場所のマップ
クレイン地方の拠点「カエムの岬」西の海岸。

第2回目のタイムドクエスト(モルボル)の全体マップです。

③、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」

④、初回報酬「15000EXP」、「500AP」、「500000GIL」、「神凪就任記念硬貨×5」

⑤、攻略法について。
今回の討伐はモルボルとモルボルドゥームの2体づつです。しっかり対策をしておかないとサボテンダー同様に非常に時間かかってしまいます。基本は本編のモブハントやボス戦と同じなので、ペンダントリボンなどの状態異常対策をしておきましょう。
さらに今回はカーラボス(Lv.40)やモルボルベビー(Lv.38)、モルボルブラット(Lv.48)も同時に戦うこととなるので、通常の戦闘よりもやや乱戦となるので注意が必要です。(カーラボスは初回のみです)
モルボルの撃退については、ノクティスがエアサイドステップなどを使い背後を確保。その後にバックアタックリンクを次々と決めていければ、ダメージを負うことなく撃破することができます。
各弱点については、モルボルは大剣、マシンナリィ、炎属性。
モルボルドゥームは短剣と冷気属性となっています。
予め強力な限界突破魔法を用意しておくのが最も有効な手段です。また、今回のコマンドは使い方が様々で、先にグラディオラスのコマンドで一気にモルボルを倒し、その後にイグニスのエンハンス→プロンプトのペネトレイトなどを使うことでダメージはより通りやすいです。
モルボルドゥームの方が普通のモルボルよりもかなり強いので、あえて後回しにし先に倒しやすいモルボルを撃破した方が戦闘をスムーズに進められます。
もし戦闘が困難ならば難易度をイージーに変更し、できるだけ強力な魔法を使って確実に一体づつ撃破していきましょう。その際はモルボルベビーやモルボルブラットは無視した方がいいです。あまり気を取られてしまうと仲間が戦闘不能になってしまうので気を付けましょう。

※挿入動画は上記の方法を実践した動画です。武器、魔法、料理などは自分のレベルやスタイルにあったものを選択しましょう。

第2回目のタイムドクエスト(モルボル)のリスタートポイントです。

⑥、今回の場所は前回よりもリスタートポイントが分かりやすくなりました。
そのままプレイを続ける場合はこの場から受注しましょう。

第1回目、サボテンダー&サボッテンダー 討伐数 100 体

①、配信期間「2/20~3/7 12:00

②、細かい発生場所のマップ
ダスカ地方の拠点「コルニクス鉱油カーテス支店」の南東。

第1回目のタイムドクエスト(サボテンダー)の全体マップです。

③、発生条件「CHAPTER 01『旅立ち』以降」

④、初回報酬「10000EXP」、「333AP」、「150000GIL」、「神凪就任記念硬貨×2」

⑤、攻略法について。
タイムドクエスト覧の表記には記載されていませんが、なんと討伐数は100体となります。そのため低レベルのクリアは若干難しいことが予想されます。
サボテンダーとサボッテンダーは共通の弱点をもっているため、武器では特に扱いやすい短剣でのダメージが与えやすくなります。(銃も弱点です)
また、コマンドではグラディオラスの「ライジングインパルス」、イグニスの「マーク」、プロンプトの「コンダクター」がまとめてダメージを与えやすいです。
特にプロンプトの「コンダクター」は最も広範囲に攻撃できるので別格の強さとなります。(現在の推奨は『ブラストボイスBis』を使用した討伐方法となっています)

※挿入動画は「コンダクター」をメインに使用した動画となっています。

各プレイヤーのレベルや攻撃力にも違いは出てくるので注意しましょう。
安全に立ち回る場合は炎属性以外の魔法を使うのも手です。なお、サボテンダーたちは普段同様に状態異常の混乱にもしてくるので、『虹のペンダント』『リボン』のどちらかを装備して挑戦しましょう。
※このタイムドクエストでは、万能薬、メガポーション、フェニックスの尾、ハイエリクサーなどが大量に入手できます。
最初から多く所持しているプレイヤーは予め整理しておきましょう。

第1回目のタイムドクエスト(サボテンダー)のリスタートポイントです。

⑥、上記リスタートポイントに着いて受注、あるいはセーブ&ロードで再び挑戦することも可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です