グラディオラスの戦闘システム詳細【FF15】

グラディオラスの戦闘システムについて

FF15のDLC『エピソードグラディオラス』の戦闘システム詳細のイメージ画像です。

DLC『エピソードグラディオラス』のメインキャラクターとして使用するグラディオラスは、大剣や盾のダメージ倍率を利用した豪快なアクションが魅力となっています。
下記にノクティスたちとの違いをまとめましたので、戦闘をする前にチェックしておきましょう。
 

  1. シフトブレイクの代わりに『ブレイクアーツ』が使用可能。
    ブレイクアーツとは、グラディオラスが通常攻撃やガードによって蓄積したゲージを使用し発動することのできる必殺技です。本編ではコマンドと同等の威力を発揮することができるので、ボス戦や乱戦時に活躍が期待できます。
    また、グラディオラスのブレイクアーツは全部で4種類あり、ゲージを貯めた量に応じて発動が異なる仕組みです。 
     
    ・第1段階「ヘヴィストライク」
    グラディオラスが地面に大剣を突き刺す技です。範囲はさほど広くないので、余程の状況下でない限りはゲージを貯め続けたほうが無難かと思われます。
    ・第2段階「オービタルエッジ」
    大剣を大きく振り上げる技となっています。ヘヴィストライクと範囲はあまり変わらなく感じますが、使い勝手は非常に良く、攻撃力も中程度のものとなっています。
    ・第3段階「テンペスト」
    本編ではコマンドとして使用可能だった技ですが、第3段階だけあって威力も範囲も申し分ないものとなっています。ボス戦では積極的に使用していくようにしましょう。
    ・第四段階「アップヒーバル」
    ゲージを最大まで溜めると発動できるアップヒーバルは、さらにエピソードグラディオラスのメインクエストをクリアすることで習得できる『二天一流』につなぐことができます。
    二天一流は、グラディオラスの技で最強クラスを誇る技なので、ダメージ倍率を上昇させた状態で発動することが出来れば、ボス戦まで苦戦することなく勝利することができます。
     
     
  2. 回避とは別にガードとジャストガードの追加。
    本編ではガードの押しっぱなしで回避行動でしたが、グラディオラスの場合は回避行動にならず、敵からの攻撃を守るガード扱いとなります。さらにグラディオラスでのガードでは、ノクティスでいうパリィのようなガードアクションが存在し、敵からの攻撃をタイミング良く防ぐことでダメージ倍率を上昇させることができます。
    このダメージ倍率を上昇させた盾でのガードアクションをジャストガードと言います。
    画像でのゲージついては、ガードの発動できる時間となっているので、ガードのし過ぎには注意しながら戦いましょう。
     
     
  3. 2でご紹介したダメージ倍率の上昇量となっています。
    ジャストガードを成功させるごとに蓄積は可能ですが、戦闘の有無に関わらず、常に時間経過で減少し続けてしまうことには注意しましょう。


以上がグラディオラスの戦闘システムとなっています。
主にグラディオラスの戦闘では、レベルなどが全て固定化されているため、消費アイテムの使い方も重要となります。ノクティスとの違いは非常に多いですが、序盤にアイテムを使いすぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です