CHAPTER 12『かたむく世界』攻略 FF15

CHAPTER 12『かたむく世界』攻略

①、CHAPTER 12は、列車の上からスタートとなる。
今回の状況もノクティスが一人という再び不利な状況からの戦闘が開始する。
列車上にてガーゴイル、スナガを倒しながら先頭車両まで進んでいこう。なお、トンネル内では一部の敵を無視できないようになっているため、どうしてもガーゴイルとスナガは倒さなくてはいけない。
どちらのシガイも弱点は槍なので、使用すればそれなりに楽に倒せるはずだ。また、スナガはパリィのチャンスも多く、体力も高くないので非常に倒しやすい。少しでも厳しく感じたら迷わず回復アイテムは使っていこう。



②、ある程度先頭車両まで進めると、リヴァイアサンのイベントシーンが発生。
その後は『テネブラエ』に到着する。

FF15のCHAPTER 12『かたむく世界』のテネブラエのイメージ画像です。

このテネブラエもカルタナティカ同様に、二度と訪れることは出来ない街の一つだ。
アイテムの回収や聞きたい情報などあったら絶対に忘れないようにしよう。ちなみにアイテムの場合は大事なものは特になく、取り逃してしまってもなんとかなるものばかりだが、この時限定でサニアとデイヴの夜の長さに関して興味深いラジオなどが聴ける。これらはいづれも期間が短いので、興味のある方はぜひ聴いてみよう。



③、クエストの流れは、アラネアについていきフルーレ家の侍女に話を聞くというもの。
このときフルーレ家の侍女以外にもビッグスたち、アラネア、侍女との会話後はイグニス、グラディオラス、その他モブキャラなどにルナフレーナの話が聞ける。
さらにはショップの利用も可能になり、宿泊地も使えるのでアンブラの力も使用できる。
いよいよ次はCHAPTER 13『奪還』に突入するので、準備だけはここでしっかり整えておこう。



④、納得がいくまで準備が出来たら、ビッグスたちに話をかけて出発しよう。
その後は再び列車内を散策することになる。
今度の散策は前回の時と比べて時間も短く、落ちているアイテムも多い。列車内は走ることも可能なので心配ならダッシュしながら周ろう。

CHAPTER 12 列車散策のアイテム画像一覧

落ちているアイテムについては、上記のページか下記を参考にしながら回収しよう。

1、スタートしたら反対方向へダッシュで進み個室車両に出る。
その次の狭い車両の消火器の上に『メガポーション』が置いてある。

2、メガポーションを取ったらすぐに最初の位置までダッシュで戻って行く。
戻れたらそのまま進み、次の狭い車両に『エリクサー』があるので回収する。

3、エリクサーが取れたらそのまま進み個室車両に出る。
その個室車両の次の角に『かがやく金属片』がある。

4、かがやく金属片の次の広い車両に『メガフェニックス』→『ふるい紙幣』→『ハイエリクサー』→『さびた金属片』の順で落ちている。

5、最後に広い車両の後方。レガリアの車両には『電解コンデンサ』→『帝都市民栄誉賞』が落ちている。

これですべてだ。恐らくのんびり歩いていたら普通に間に合わない。
余裕を持つならマップ開きなどで時間を停止させつつダッシュしよう。
このアイテムを回収し終わって少し待つと電話が鳴り、外の様子を見ることになる。



⑤、外に出てからはシガイとの戦闘が始まる。
最初の敵はスナガやレイスなどだ。これまでに何度も戦った敵のはずだ。コマンドや弱点を狙って倒してしまおう。レイスなどは動きが鈍いので、バックアタックなども有効手段となる。
しばらく撃破すると『デスクロー』が出現。
デスクローはただ大きいだけではなく、動きもそこそこ素早くパリィ判定も慣れるまでなかなか難しい。
付近にはマップシフトポイントがあるので、うまくシフトブレイクを当て、広さを利用して魔法を放つことが有効だ。魔法を狙うなら炎属性が弱点なので積極的に狙っていこう。
また、大剣などの耐性は持っていないので、グラディオラスのコマンドも活用してダメージを削っていこう。(武器弱点は盾でもあるので、盾コマンドも有効です)



⑥、デスクローなどを倒して列車内に戻ろうとするとイベントが発生。
『???』を追いかけることになる。しばらく追いかけた後は、そのイベント終了後にシヴァから『氷神の証』ファントムソード『神凪の逆鉾』を入手できる。

FF15のCHAPTER 12『かたむく世界』のアーデンのイメージ画像です。この後も再びイベントシーンが発生し、再びアーデンを追いかける。
さらにイベントシーンと繰り返すことになる。

列車内のイベントシーンが終了すると同時に、このCHAPTER 12『かたむく世界』もクリアになります。

CHAPTER 13『奪還』攻略は、こちらからご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です